TOKUSURU YOMIMONO

ストレスフリーな生活を目指しましょう!

ダイエッター必見!低糖質・低カロリーのイオン「カリフラワーライス」

f:id:misumi-tomo:20190913142449j:plain

 

最新トレンド雑誌MONOQLO(モノクロ)をチェックしていたら、欧米のセレブの間でダイエット食としてカリフラワーライスが流行っていて、日本のダイエッターの間でも人気沸騰中だとか。

MONOQLOでは各メーカーのカリフラワーライスに評価をつけていて、ライフフーズの「カリフラ」がイチオシだったのですが、スーパー何軒か回っても見つからず、いちおう評価が「良い」だったイオンのトップバリューの「カリフラワーライス」を購入することに。

 

カリフラワーライスって何?

f:id:misumi-tomo:20190913143135j:plain

 

カリフラワーライスは、カリフラワーを炊いたお米サイズに細かく刻まれたもので、冷凍の状態で売られています。

お茶碗1杯分(150g)の糖質量は、普通の白米が53.7gなのに対して、カリフラワーライスは1/25の2.1g。

カロリーそのものも白米が252kcalなのに対して、1/10の27kcal。

糖質制限・カロリー制限している方にうってつけの商品ですね。

 

f:id:misumi-tomo:20190913143618j:plain

 

食物繊維も豊富で、普通の白米代わりに食べて、お腹すっきりといった感じです。

 

カリフラワーライスってどうやって食べるの?味は?

お皿に出して、電子レンジ600wで3分10秒。

f:id:misumi-tomo:20190913143921j:plain

 

雑誌MONOQLOのライフフーズの「カリフラ」の紹介では、「みずみずしい」とありましたが、イオンの「カリフラワーライス」はちょっと水っぽいです。

さらに「カリフラ」は青臭くない、とありましたが、イオンのはカリフラワーの匂いがふわっとします。カリフラワーそのものが好きという方は問題なく食べられると思いますが、もともと苦手な方はちょっときついですね。

 

私はカリフラワー好きでも嫌いでもないんですが、この「カリフラワーライス」を白米代わりに食べることにちょっと抵抗がありました。だってガチでカリフラワーを刻んだだけの味だから。

 

ネットでおいしくて簡単なレシピを探してみたら、チャーハンにするといいみたいだったので、永谷園の五目チャーハンの素を使ってちょっと炒めてみました。

 

f:id:misumi-tomo:20190913144547j:plain

 

チャーハンにすると、カリフラワー臭がいっさい消えて、とても食べやすくなりました。味はチャーハンなのに、食間はカリフラワーのシャキシャキ感が少しあって、まさに新感覚です。

炒めるときにカリフラワーライスの水気をできるだけ飛ばしておくのがポイントです。

水気を飛ばさないとべちゃべちゃチャーハンになってしまいます。それはそれで好きという方もいらっしゃると思いますが。

 

おいしいの?おいしくないの?う・・・ん、普通です。まずくはない、食べられないことはない、でも「おいしくて食欲止まらないぜ」みたいなことはないです。

 

f:id:misumi-tomo:20190913144944j:plain

 

白米の代わりではなく、新たな野菜料理としてならこのカリフラワーライスチャーハンはありだと思います。ちょっと変なこと言いますが、このカリフラワーライスチャーハンをおかずに普通の白米が食べたい感じです。

 

最後に

イオンの「カリフラワーライス」を食べてみて、雑誌MONOQLOで評価が一番高かったライフフーズの「カリフラ」が食べてみたくなりました。青臭くなくて、みずみずしいらしいので、見つけしだいチェレンジしたいです。「ヨーカドーに売ってた」ととあるブログに書かれていたので、ちょっと遠いですが行ってみようかなと思っています。

「カリフラワーライス レシピ」で検索すると、カレーライスにしたり、ねばねば丼にしたりやりたい放題やっているので、私もオリジナルのレシピを考案したいです。

 

 

 【低糖質・低カロリー関連記事】

www.misumitomo.com