TOKUSURU YOMIMONO

毎日楽しく、ストレスフリーな生活を目指しています!

オーブンがなかった頃のマリービスケットケーキ!簡単おいしい思い出の味

私がチーズケーキやゼリーを作っているのに触発されたのか、母もケーキを作りたいと言い出しました。

私がこのブログで紹介したデザート類は以下の通りです。

そして今回母が作るのは(私はただの撮影係です)、マリービスケットとホイップクリームを使ったビスケットケーキ。

小さい頃によく食べました。電子オーブンがまだ家になかった頃のことですね。

母のママ友の間で作るのが流行っていたみたいです。

 

ではさっそく作り方を紹介していきましょう。

 

ビスケットケーキの作り方

材料

f:id:misumi-tomo:20190502152030j:plain

 

マリービスケット1箱とクレミーホイップ1箱。

クレミーホイップに混ぜる牛乳90ccとビスケットを浸す牛乳適量。

これだけで作ることができます。

ケーキというよりちょっとしたおやつ感覚で作れると思います。

我が家では子どもたちが子どもだった頃、それぞれの誕生日やクリスマスに作ってもらっていました。伝説のケーキとでもいうべきか・・・。

 

ホイップクリーム作り

クレミーホイップの粉末をボールに開け、牛乳90ccを加えて混ぜていきます。

f:id:misumi-tomo:20190502152529j:plain

 

氷水にあてなくても常温で5分くらい混ぜればホイップ状になります。

 

ふやかしたビスケットにホイップをつけていく

f:id:misumi-tomo:20190502152658j:plain

 

牛乳適量にマリービスケットを軽く浸します。

両面に牛乳がついたら、ホイップクリームを片面だけにつけて、並べていきます。

 

f:id:misumi-tomo:20190502152838j:plain

 

最初はうまく並べられないと思うので、積み上げていきます。

積み上げていって崩れそうになったら、横に倒して並べていきます。

 

f:id:misumi-tomo:20190502152943j:plain

 

マリービスケットを全部使い切ったら、ボールに残ったホイップクリームを表面全体につけていきます。

 

f:id:misumi-tomo:20190502153052j:plain

 

ビスケット全体をホイップクリームで包み込んだら完成です。

 

f:id:misumi-tomo:20190502153153j:plain

 

母はこの作業すごく手慣れていて、ものの10分でこの状態にしてしまいました。

もう15年か20年くらい作ってないはずですが、動きの記憶が蘇ったようです。

瞬殺、という感じでビスケットケーキ、形作ってしまいました。

 

あとは冷蔵庫でひと晩寝かせます。

寝かせている間に、ビスケットについた牛乳やホイップクリームの水分がビスケットをふやかし、やわらかくなって食べやすくなります。

 

できあがりはこんな感じ

f:id:misumi-tomo:20190502153517j:plain

 

※筒状のケーキを斜めに切るのがポイントです。

斜めに切らないとこうゆう断面になりませんのでご注意を。

 

ビスケットがふやけて、普通のショートケーキのスポンジみたいな感覚です。

もちろんそこまでふわふわなわけではないけど、ビスケットとは思えないほどしっとりしています。

 

オーブンなしで作れるので楽ちんです。

母いわく、このビスケットケーキは一時期ブームになったそう。母の世代は「みんな知ってる」と言ってました。

そして昔はマリービスケットもっとサイズが大きかったとのこと。

マリーってパッケージが変わったのはなんとなく記憶にありますが、ビスケットのサイズも変わったんですね。それは気づきませんでした。

そういえば、昔は1本、という感じに長い箱に入っていましたね。

 

このビスケットケーキ、コーヒー・紅茶によく合うので、大人でも堪能できると思います。

 

懐かしの味を味わいながら、思い出話に花を咲かせるのもいいでしょう。

作った記憶のある方、ぜひ再チャレンジされてみてはいかがでしょうか。

また作ったことのない方も、とても簡単にできますので、ちゃちゃっと何かおやつを作りたいときにビスケットケーキを作ってぜひマイレシピに追加して下さいね。