TOKUSURU YOMIMONO

毎日楽しく、ストレスフリーな生活を目指しています!

【日清お菓子百科】すぐできちゃうクールンレアチーズケーキ!隙間時間にちゃちゃっと

f:id:misumi-tomo:20190501101627j:plain


毎日ヨーグルトメーカーでヨーグルトを作り、もうホントにがぶがぶという感じで毎日ヨーグルトを食べているのですが、たまには牛乳を使ったちがうものが食べたいなと思って見つけてきました、日清お菓子百科のクールンレアチーズケーキ。

用意する食材は牛乳のみ!しかも混ぜて冷やすだけ。パッケージのレアチーズケーキのように上手に作れるかしら。これは挑戦してみるしかないですね。

 

砕けたビスケットで土台を作る

箱の中には袋が2つ入っています。ビスケットベースとフィリングミックス。

 

f:id:misumi-tomo:20190501101821j:plain

 

まずはビスケットベースでレアチーズケーキの土台を作っていきます。

お皿は15cmのものを用意するように書かれています。パッケージの裏がお皿のサイズを計れる目盛りのついた定規みたいになっているので、それに合わせながら食器棚にあるお皿を選びます。

 

f:id:misumi-tomo:20190501101913j:plain

 

直径15cmジャストでした。ちょっとレアチーズケーキを作るには浅いような気がしますが、これ以外は逆に深すぎるので、このヤマザキパンの春祭りでもらったにちがいないお皿を使おうと思います。

ビスケットベースを入れる前にアルミホイルを敷きます。

 

f:id:misumi-tomo:20190501102000j:plain

 

「作り方」に周囲の皿のフチをそって折り曲げます、とあるのですが、ちょっと意味が分からなかったです。完全に皿をアルミホイルで包み込め!と解釈してこんな感じになりました。

 

f:id:misumi-tomo:20190501102042j:plain

ビスケットベースに牛乳7.5ccを入れ、ビスケット全体にいきわたるようにします。7.5ccってだいたいスプーン1杯くらいかなと思ったのですが、ぜんぜんビスケット全体にいきわたらない感じだったので、ちょびちょび足しました。
 

f:id:misumi-tomo:20190501102120j:plain

この作業すごく楽しいです。なんかケーキ作ってるな~って気分になれます。フチのところはポロポロ剥がれてきて、ちょっと手こずるかもしれません。スプーンの裏でぎゅっぎゅっと抑えながら形作っていきます。

生地全体が同じ厚さになるように心がけました。

 

フィリングを作って土台に流す

次にフィリングの袋をボールに開け、冷たい牛乳100ccを加えます。

 

f:id:misumi-tomo:20190501102249j:plain

 

最初はぼそぼそしていますが、2分くらい混ぜるとしっとりしてきます。

 

f:id:misumi-tomo:20190501102330j:plain

 

画像のようにねばりが出てきたら、ビスケットを敷いた土台に入れていきます。

 

f:id:misumi-tomo:20190501102408j:plain

 

あっという間にレアチーズケーキらしきものができあがってしまいました。

ほんとに簡単。小さいお子様でも作れちゃうんじゃないかと思います。

ただ見た目は素人丸出しですね。生地の上にクリームがのっちゃってます。

 

あとは冷蔵庫で30分冷やすだけ

冷蔵庫で30分冷やしたら、アルミホイルをお皿から持ち上げるように取り出します。

アルミホイルとビスケットベースもうまく離せそうだったので、いっきにアルミホイルを取ってみました。

 

f:id:misumi-tomo:20190501102607j:plain

 

これだけ見た方は「え?なに?」となってしまうと思いますが、次のショットはどうでしょう。

 

f:id:misumi-tomo:20190501102643p:plain

ね。レアチーズケーキっぽいでしょ。

さっそく食べてみましたが、クリームがとてもさわやかで食べやすいです。レモン汁でも加えてみればよかったかななんて思いました。とてもシンプルなレアチーズケーキです。

こんなおいしいものが牛乳だけで作れちゃうなんてすごいですね。
家族にも評判だったので、また作ろうと思います。 

 

日清 お菓子百科 クールン レアチーズケーキ 110g×4個
 

 

簡単デザート、ご家庭で試されてみてはいかがでしょうか。

お店で作られたものより、自分で使ったもののほうがおいしく感じられるってことありますよね。

これは土台を作るのが「砂遊び」的な感じがして楽しいですし、フィリップはほんとにただ混ぜるだけでできてしまうので、15分くらいで作れちゃうと思います。