TOKUSURU YOMIMONO

毎日楽しく、ストレスフリーな生活を目指しましょう!

ヨーグルトメーカーで自家製カスピ海ヨーグルト作り フジッコの種菌(粉末)使用

f:id:misumi-tomo:20190501093834j:plain

 

フジッコのカスピ海ヨーグルトから、ヨーグルトメーカーを使ってカスピ海ヨーグルトを量産する、ということはすでに試みました。

 

www.misumitomo.com

 

フジッコのカスピ海ヨーグルトの側面に「本品を種菌として使うとうまくできない可能性がありますのでおすすめできません」と書いてあるのがずっと引っかかっていました。

そこでフジッコがヨーグルトとは別に販売しているカスピ海ヨーグルトの種菌を使ってヨーグルトを作ってみることにしました。

この種菌がスーパーに置いてないという場合は、ネットで購入することも可能です。

 

   

フジッコのカスピ海ヨーグルト種菌を使う

2包入ってる

f:id:misumi-tomo:20190501094352j:plain

 

フジッコのカスピ海ヨーグルト種菌を使った場合、ヨーグルトを作るたびに増やす用のヨーグルトを保存してくり返し作るようにすれば、3ヶ月くらいもつようです。

ただ雑菌などが入る可能性もあるし、菌自体が弱くなったり少なくなったりして味やにおいやカスピ海ヨーグルト独特のねばりに微妙な変化が出てくることもあるので、フジッコでは種菌は毎月取り替えることを推奨しています。

1箱に2包入っているので、2ヶ月分のヨーグルトが作れます。

 

牛乳に混ぜるだけ

作り方はいたってシンプルです。牛乳にフジッコの種菌を混ぜるだけ。

1箱に2包入っていて、500mlの牛乳に対して1包使います。最初は500mlから作るように説明書に書いてあります。

我が家ではアイリスオーヤマのヨーグルトメーカーIYM-012を使っていて、付属品として800mlボトルが付いてきました。フタもねじって閉められるようになっているので、今回500mlのカスピ海ヨーグルトを作るのに使おうと思います。

牛乳パックごとヨーグルトメーカーに入れられる場合は、500mlの牛乳を買って、それを容器として使うのもありですね。

使用する容器、種菌と牛乳をかきまぜるスプーンは台所洗剤でよく洗い、熱湯消毒しておきましょう。

※煮沸消毒はアイリスオーヤマの付属品を使う場合、変形するおそれがあるので絶対にしないでください。熱湯をザーッとかけるだけでオーケーです。

 

f:id:misumi-tomo:20190501094650j:plain

 

ボトルに目盛りが付いているので、牛乳を500ml計り、フジッコのカスピ海ヨーグルト種菌を1包加えていきます。

スプーンでよくかき混ぜたら準備は完了です。
 

温度と時間が重要

フジッコの説明書には25℃~30℃で24時間、20℃前後で72時間と書いてあります。

アイリスオーヤマのIYM-012は温度と時間の調整ができるので、27℃で24時間にセットしました。

 

f:id:misumi-tomo:20190501094832j:plain

f:id:misumi-tomo:20190501094912j:plain

もっと高い温度で、短時間で作りたいという方もいると思いますが、種菌(粉末)からヨーグルトを作るのには時間がかかります。温度も40℃くらいにしたいところですが、それだと菌が死滅してしまう可能性があるので、最高でも30℃というのを守りましょう。
またフジッコではカスピ海ヨーグルト専用メーカー「カスピくん」というものを販売しています。
 

f:id:misumi-tomo:20190501095001j:plain

 
買った箱に入っていました。お値段22,600円が5,400円引きで17,200円とあります。

もし我が家ではカスピ海ヨーグルトしか食べないよという場合は、このカスピくんを使うのもいいですね。ヨーグルトができあがると自動で冷却してくれるので、発酵後慌てて冷蔵庫に入れなくても大丈夫です。

ただ市販のヨーグルトを使って、色々作ってみたいと思っている方は、我が家で使っているアイリスオーヤマのヨーグルトメーカーIYM-012がおすすめです。ヨーグルトの他にも甘酒や塩麹、天然酵母を使用した調理が可能です。

温度は25℃~65℃、時間は1~48時間の範囲で調整ができます。アラームが鳴らないので、ヨーグルトなど、できあがったらすぐに冷蔵庫に入れたほうがいいものはいつもスマホのアラーム設定をしています。

 

24時間後どうなった?

しっかり固まってヨーグルトになってました。すぐに次回発酵させる用の種ヨーグルトを別容器に移しました。次回は牛乳パック1本使う予定なので、100gほど取って冷蔵庫に入れました。

 

f:id:misumi-tomo:20190501095209j:plain

 

味はちゃんとできてるの?

時間をかけたかいがあって、ちゃんとカスピ海ヨーグルトの味になっています。独特のねばりもちゃんとあり、口に入れるとふわりする感じも市販のカスピ海ヨーグルトと同じ感じです。
種菌の粉末と牛乳を混ぜるだけで、こんなに簡単にできてしまうなんて、と思いました。

そして種ヨーグルトを毎回きちんと保存し、毎回使う道具を熱湯消毒さえしていれば、1ヶ月このおいしいが続けられると思うと得した気分になりますね。

ヨーグルトを丁寧に扱って、できれば3ヶ月くらいもつようにしたいところです。

 

我が家で使っているヨーグルトメーカーです。

 

 

 毎日ヨーグルト色々アレンジして食べています。はちみつを入れたり、フルグラを入れたり、青汁(粉末)を入れたり、りんごとはちみつを入れたりしています。

 

f:id:misumi-tomo:20190501095510p:plain

 

 

【追記】フジッコの種菌を元に、毎回種ヨーグルトを残して作り変えて1ヶ月半が経ちましたが、ヨーグルト、まだ元気です。より活発になっているような気さえします。

独特のねばりもしっかりしています。味も変わらずおいしいです。

 

f:id:misumi-tomo:20190501100005j:plain

 

これは3ヶ月は余裕でもちそうです。

このカスピ海ヨーグルトについてTwitterでコメントをいただいたのですが、その方は2年くらいもたせているとのこと。すごいですね、フジッコの種菌。

雑菌が入らないように気をつけて、これからもヨーグルトを増やし続けたいです。

 

 

【ヨーグルト関連記事】

 

※はじめて作る方におすすめの記事です。明治ブルガリアヨーグルトを使用しています。

 

www.misumitomo.com

 

※人気のヨーグルト明治R-1を作りました。

www.misumitomo.com