TOKUSURU YOMIMONO

毎日楽しく、ストレスフリーな生活を目指しましょう!

【必読】メルカリで売る方法、流れ 事前に知っておくべきこと

 

「メルカリだと意外と高く売れるから買取業者(リサイクルショップなど)は利用しない」という方が増えてきている一方、「自分で買い手とコメントとか梱包・発送をしなければならないのでめんどう。まだ何も売ったことがない」という方も多くいることでしょう。

また、「そもそも何をどうやってはじめればいいか分からない」という方も少なくないはず。

そこで今回はメルカリで品物を売る方法、その流れに着目して、はじめてメルカリを利用する人でも分かりやすく解説していきます。

慣れれば売るのがラクになるというより、楽しくなってしまいますよ。

私ごとですが、2年間クローゼットに眠らせていたハンドバッグを12,600円で出品して、5時間くらいで即売れて、思わずハイテンションになってしました。

 

メルカリで実際に品物を売ってみる

f:id:misumi-tomo:20190425175123j:plain

※今回はこのバッグを出品すると仮定して、出品方法を紹介していきます。

 

まずはアプリをダウンロードして、会員登録を済ませよう!

メルカリではFacebookアカウント、Google+アカウント、メールアドレスのいずれかを持っていれば登録することができます。

 

f:id:misumi-tomo:20190425175314p:plain

 

しかし会員登録でつまずいてしまう方もいると思います。私がそうでした。新規会員登録しようとしたら、「電話番号認証」でつまずきました。自分の電話番号を入力すると「すでに登録済み」という画面が出て、そこから進めなくなります。

前の電話番号保有者が、メルカリを利用している可能性もゼロではないですね。

とりあえず会員登録した覚えはないので、メルカリの「お問い合わせ」フォームから、自分の電話番号とその番号を使いはじめた時期も入力して問い合わせてみました。

その後「フルネーム」「住所」「メールアドレス」「携帯電話番号」「登録希望のメールアドレス」を送るよう指示されました。すべて記入したメールを送信後、「登録の手順」が示されたメールが届き、無事会員登録することができました。

 

メルカリの画面、赤いカメラのマークから出品手続き

f:id:misumi-tomo:20190425175603p:plain

 
画面下の中央の赤い「出品」ボタンをタップすると、出品手続きがはじまります。ここで(初回のみ)本人情報登録をします(姓名、生年月日を入力するだけです)。
出品する際の必須事項がありますので、リストにしてみます。
 

f:id:misumi-tomo:20190425175720p:plain

  1. 商品の写真を撮る
  2. 商品名を入力する
  3. 商品の説明を入力する
  4. カテゴリーを選択する
  5. 商品の状態を選択する
  6. 配送料の負担を選択する
  7. 配送方法を選択する
  8. 発送元地域を選択する
  9. 発送までの日数を選択する
  10. 販売価格を入力する

という感じで、ほとんど選択するだけですが、商品の説明と販売価格はよく考えて入力したほうがいいですね。

それでは1から順に詳しく説明していきます。

 

1.商品の写真を撮る

メルカリ内を見ていると、写真はだいたい4枚アップしている方が多いですが、10枚アップしている方もいます。現在iPhoneからだと10枚、Androidだと機種によって4枚までとなっているようですが、写真は多いほうがいいです(パソコンからだと10枚アップできますね。ただパソコンからだとゆうゆうメルカリ便が利用できませんのでご注意を)。

f:id:misumi-tomo:20190425180313p:plain

 

カメラのマークをタッチすると、

 

f:id:misumi-tomo:20190425180405p:plain

 

このような画面になってカメラが動作します(これはスマホを机に伏せた状態なので真っ暗です)。出品する品物の写真をまだ撮ってない場合は、ここで写真を撮りましょう。

事前に撮ってある場合は、「アルバム」をタップすると、スマホの写真のファイルが開いて選択できるようになります。メルカリでは写真は正方形で表示されるので、縦長、横長になっている場合は事前に編集しておきましょう。「スクエア」を選択して写真を撮ると正方形に撮れるので、編集の手間が省けます。

 

f:id:misumi-tomo:20190425180502p:plain

 

メルカリのカメラだと最初から正方形の枠が出てくるので、撮ったらそのまま使うことができます。明るさなどもこのカメラのページから編集することができます。失敗した写真を削除することもできます。並んだ写真のいずれかを長押しすると、順番を変えられます。

 

f:id:misumi-tomo:20190425180541j:plain

 

バックを売る場合は、正面、背面、横向き、底、バッグの中、そしてショルダーバッグの場合は、肩にかけた感じがどう見えるか分かるように、ハンガーなどに吊るして撮ると、買い手がそのバッグをイメージしやすくなりますね。

これ、すごく重要です。買い手にいかに商品のイメージを抱いてもらえるか。

写真だけでその商品の良さがどれだけ伝えられるか。

できるだけ工夫して写真を撮るように心がけましょう。

 

2、3商品名、商品の説明を入力する

商品名、商品の説明は検索されやすいように、入れるべきキーワードを必ず入れておきましょう。

たとえば、このバッグはサマンサヴェガ(ベガ)のフラッターという商品なので、商品名と商品説明のところにもきちんと入力しましょう。

定価を記載すれば、どれだけ値下げしているかが分かるので、買い手にとっては判断材料になるでしょう。「定価16,000円の商品を半額の8000円で売ってるんだ、それはかなりお得だな」というふうに、買い手にお得な印象を持ってもらえます。

そしてサイズです。よくメルカリのバッグの出品で「サイズはどれくらいですか」とコメント欄でやりとりしているのを見かけます。最初からサイズをきちんと記載しておけば、そのような質問を受けることもないですね。

売る側はもういらない品だからどうでもいいやと思うかもしれませんが、買う側はこれからその品にお金を出して使おうとしているのですから、買う側の身になって商品説明はできるだけ丁寧に記すようにすると、商品が売れやすくなると思います。

使用期間、保管状態などもあらかじめ入力しておけば、コメントで質問を受ける手間が省けます。

商品名は40文字、商品説明は1000文字まで入力することができます。

 

4以降は選択するだけのでラクチンです。

 

4.カテゴリーを選択する

実は出品する品の写真を設定した時点で、自動的に商品名が入力され、カテゴリーも選択されるときがあります。このバッグがそうでした。メルカリ内の過去の履歴から選択されて出てくるようです。なので商品名「サマンサヴェガ フラッター」と打ち込む必要がありませんでした。カテゴリーも「レディース>バッグ>ハンドバッグ」と自動で設定され、ブランドも「サマンサヴェガ」と設定されました。

もし自動設定された場合でも、これはちょっとちがうなというときはちゃんとカテゴリーを選択し直したほうがいいです。検索のとき、より正確な情報のほうが検索されやすくなるからです。

自動で設定されない場合は、すでに同じか似た商品を出品している人のページをお手本にするようにしましょう。

カテゴリーが適切に設定されることで、その商品を探す人が見つけやすくなります。

 

5.商品の状態を選択する

以下の中から選べます。

「新品・未使用」「未使用に近い」「目立った傷や汚れなし」「やや傷や汚れあり」「傷や汚れあり」「全体的に状態が悪い」と6段階あります。

これは正直に答えるべきですが、たとえば「やや傷や汚れあり」や「傷や汚れあり」の場合、どの部分にあるのかを商品説明のところに記載しておくといいですね。バッグの場合、外側は新品同様にきれいな状態だけど、中が少し黄ばんでいるということはよくあると思いますが、人によっては「外側がきれいなら別にいい」という人もいるでしょうから、傷や汚れがある場合は、正直にその項目を選択して、商品の説明を加えておくようにしましょう。

 

f:id:misumi-tomo:20190425181934p:plain

 

6.配送料の負担を選択する

これは出品者が負担するほうが商品が売れやすくなります。

メルカリ内では出品者が負担することが当然、という空気があります。

 

7.配送方法を選択する

f:id:misumi-tomo:20190425183708p:plain

 

大きく分けて「らくらくメルカリ便」と「ゆうゆうメルカリ便」があります。

※らくらくメルカリ便の送り方、詳しくはこちらの記事

※ゆうゆうメルカリ便の送り方、詳しくはこちらの記事 

 

らくらくメルカリ便の持ち込み場所はヤマト運輸の営業所、ファミリーマート、セブンイレブン、PUDO(宅配便ロッカー)です。

・ネコポスはA4サイズ以内、厚さ2.5cm以内、重さ1kg以内の品で全国一律195円。本を売るときに使う人が多いですね。

・宅配便コンパクトはヤマト運輸の専用BOX(縦20cm/横25cm/高さ5cm)に収まる品で、BOX代65円、全国一律380円です。もし着払いを利用する場合もBOX代は送る側(出品者側)が負担します。

・宅急便は60サイズ(縦×横×高さが60cm以内/2kg以内)で全国一律700円です。他のサイズは以下の通りです。

 

・80サイズ (5kg以内)・・・800円

・100サイズ(10kg以内)・・・1000円

・120サイズ(15kg以内)・・・1100円

・140サイズ(20kg以内)・・・1300円

・160サイズ(25kg以内)・・・1600円

 

今回バッグを売る場合は60サイズの700円がちょうどいいですね。

 

次にゆうゆうメルカリ便ですが、こちらの持ち込み場所は郵便局、またはローソンになっています。ゆうパケットとゆうパックから選べます。

・ゆうパケットはA4サイズ、厚さ3cm以内で175円です。

・ゆうパックは60サイズ700円、80サイズ800円、100サイズ1000円までとなっています。

・ゆうゆうメルカリ便を利用の場合、郵便局、ローソン、はこぽすで商品を受け取ることが可能になります。購入者よりコメントにて郵便局、ローソン、はこぽすで受け取りたいと要望があった場合、ゆうゆうメルカリ便に設定するようにしましょう。

 

らくらくメルカリ便もゆうゆうメルカリ便も匿名配送ができるので宛名を書く必要がありません。相手に住所を教えない、相手の住所も知らないことで、気楽に出品ができますね。

 

その他にも送る方法があります。購入者に住所や名前を知られてもいいという場合は、送るものの大きさに合わせて、以下の配送方法を選びましょう。

 

・ゆうメール

・レターパック

・普通郵便(定形/定形外)

・クロネコヤマト

・ゆうパック

・クリックポスト

・ゆうパケット

 

料金を比較して、どの方法で送れば一番安いか、出品する前に調べておくといいですね。

なお、この配送方法は「未定」に設定することもできます。「未定」の場合、実際に買われてから設定するこができます。

 

8.発送元を選択する

これは自分が住んでいる都道府県を選ぶだけです。

らくらくメルカリ便とゆうゆうメルカリ便では匿名配送できますが、都道府県だけは相手に知られてしまいます。また配送手続きをしているとすぐに気づきますが、匿名配送用の伝票に相手の住所の都道府県だけ分かってしまいます。完全な匿名配送ではないということをあらかじめ知っておきましょう。

 

9.発送するまでの日数を選択する

「1~2日」「2~3日」「4~7日」の中から選択できます。できるだけ早く発送したほうが買い手には喜ばれます。ただ「1~2日」を選択して、それ以内に発送ができないと、買い手の信用を失いかねません。余裕をもって「2~3日」もしくは「4~7日」を選んでおいたほうがいいかもしれません。いつ、何時に売れるか分からないので。

ただメルカリを操作していると分かることですが、「1~2日のほうが早く売れます」という表示が出てきます。とにかく早く売りたい、時間はあまってるという方は早めの設定でもいいですね。

 

10.販売価格を入力する

これは自分の希望でいいと思いますが、似たような商品がいくらで売られていて、実際いくらで買い取られたのかチェックしておくといいでしょう。

売上から送料を引いた分、メルカリの手数料(売上の10%)を差し引いた額を意識したほうがいいですね。売上がそのまま収益になるわけではありません。

 

f:id:misumi-tomo:20190425185615p:plain

 

こんなふうに販売価格を12,600円に設定してみたのですが、「売れている商品の価格を参考にしませんか」というのが出てきます。どれも4000円~6000円の間くらいです。実際に本気で売る気になったときは、これに近い額を設定するつもりですが、今回は解説だけで出品はしません。

 

この画面から販売手数料1,260円を引いた販売利益11,340円が確認できますね。さらに配送料を引いた額が実際の利益になります(らくらくメルカリ便とゆうゆうメルカリ便を利用する場合、売上金から配送料が差し引かれます。なのでコンビニや郵便局などで料金を支払う必要はありません)。

 

あと、梱包に使う資材を購入した場合は、それも差し引いた額ですね。普段の買い物から梱包に使えそうなものは取っておくといいと思います。梱包代、できるだけ浮かせたいところです。

 

f:id:misumi-tomo:20190425185724p:plain

別のアイテムを出品したときの完了画面です。これで出品の手続きはすべて完了です。商品説明などあとから書き直したい場合は、マイページ>出品した商品から編集したいものをタップすると、右下に「商品の編集」が出てきます。タップして好きなように編集しましょう。
 

最後に

出品の際は商品説明と販売価格をどうするのか、そこがポイントになってきます。自分がお店屋さんになったつもりで、お客さんのことを考えて入力するようにすれば、きっといい結果につながると思います。
 
最後までお読みいただきありがとうございました。
 
 
 
※メルカリに出品してからの流れもまとめてみまいた。
 

 

 

※やっぱりメルカリやるのめんどくさい、という方は以下の記事を参考に買取業者さんを利用して下さいね。できるだけ高く買い取ってくれるところを探しましょう。

 

【買取関連記事】

【ブランド品売りました】高価買取業者比較 LINEで無料査定

 

【売りました】PS4のゲームソフト6個をURIDOKIで高価買取 合計いくらになったか?

 

【切手・硬貨・テレカを買取依頼】CMで見たバイセルを利用 買取金額は?