TOKUSURU YOMIMONO

毎日楽しく、ストレスフリーな生活を目指しましょう!

ゆうゆうメルカリ便の送り方 郵便局かローソンで手続き

ゆうゆうメルカリ便一部料金変更

出品前に配送料を確認しよう!

メルカリで匿名で商品を送れてしかも安いゆうゆうメルカリ便ですが、2019年4月1日正午より料金が一部変更になりました。

ゆうゆうメルカリ便ゆうパケットは変わらず175円で利用できます。

ゆうパケットはA4サイズ、厚さ3cm以内のもので、全国一律175円(税込)です。

これまで雑誌non-noや天然生活、安室奈美恵の写真集#19770920などこのゆうパケットで送らせていただきました。

A4サイズからはみ出してるんじゃないかと思って、郵便局に出向いて出品する前に確認しました。

「これA4サイズなのかな」という品物は事前に郵便局で確認したほうが無難です。

もしサイズオーバーになったら、より多くの配送料がかかってしまい、下手すると売ったのに赤字なんてことに。

 

ゆうゆうメルカリ便ゆうパックの料金が変更に

ゆうパックは60サイズ、80サイズ、100サイズとありますが、このサイズは縦・横・高さ(cm)を合計したサイズです。

いちどぬいぐるみを発送する際に、ゆうゆうメルカリ便ゆうパックを利用するつもりで郵便局に持ち込んだら、100サイズを超えていて、急きょ100サイズのダンボールを郵便局で買うことになりました。100円かかりました。ちょっとむりやり100サイズのダンボールにぬいぐるみを詰め込んだので、もしかしたら購入者からクレームが来てしまうかもとヒヤヒヤしながら評価を待ちました。評価は「良い」でした。

結果はオーライとなったわけですが、このようなヒヤヒヤを味わわないように、ダンボールのサイズは発送前、できれば出品前に測っておいたほうがいいですね。

 

f:id:misumi-tomo:20190426140417p:plain

 

【料金変更】

60サイズ600円から700円へ。

80サイズ700円から800円へ。

100サイズ900円から1000円へ。

 

ゆうゆうメルカリ便ってどうやって送るの?

郵便局から送る

商品が売れたあと、メルカリの「取引画面」から「配送用2次元の生成」のところで、商品の大きさに合わせてゆうパケットかゆうパックを選びます。

 

f:id:misumi-tomo:20190426140705p:plain

 

 

郵便局を利用する場合、「郵便局用2次元コードを表示する」をタップすると、2次元コードが出てきます。

 

f:id:misumi-tomo:20190426140742j:plain

 

梱包した荷物を郵便局へ持ち込み、専用の「ゆうプリタッチ」という機械に2次元コードを読み取らせます。

 

f:id:misumi-tomo:20190426140844j:plain

 

左の読み取り器にスマホをかざします。

この読み取り器、スーパーやコンビニでバーコードを読み取る機器と同じで、黒いカバーからパカっと外せます。

かざすだけでなかなか読み取れないときは、パカっと外して、機器の首元についているボタンを押しながら赤いレーザーをスマホ画面に当てて、どうにか2次元コードを読み取らせます。

それでも読み取れない場合は郵便局の方を呼びましょう。

私は呼んでないけど、私が悪戦苦闘している姿を見かねた郵便局の方が助けに来てくれたことがあります。二人であーだこーだやっているうちに「ピッ」と読み込まれました。

 

この「ゆうプリタッチ」はメルカリだけでなく、ヤフオクなどにも対応しています。

印刷されたシールタイプの伝票が出てくるので、それと荷物を持って窓口に行き、「メルカリで」と言って手渡しましょう。

窓口に行きさえすれば、あとは郵便局の方が手続きをしてくれます。手続きが終わると「後納郵便物等取扱票」というものを受け取ります。「送りますよ」という証明書ないし領収書的なものです。

メルカリでは後日売上金からゆうゆうメルカリ便の配送料が引かれます。ですから郵便局での支払いはありません。

 

 

ローソンから送る

ローソンから発送する場合は、取引画面から「コンビニ用2次元コードを表示する」をタップします。その画面がすぐに出せる状態でローソンに行きます。

 

f:id:misumi-tomo:20190426141827p:plain

 

まずローソンのLoppiを使います。発券の方法は2通りあって、一番簡単なのがLoppiにコンビニ用2次元コードを読ませる方法です。

 

f:id:misumi-tomo:20190426141908j:plain

 

Loppiです。店舗によって、入り口付近にあったり、店の奥にあったりしますね。

 

f:id:misumi-tomo:20190426141943j:plain

 

下のカメラのほうに2次元バーコードをかざすと、最初に「重要なお知らせ」という画面になります。

 

内容は以下の通りです。

 店頭でのレジ登録は最大5件までとなります。多くの荷物を持ち込まれる場合は郵便局の利用をおすすめします。発送時にサイズ計測を希望される場合は、郵便局で発送してください。お荷物への貼付は、お客様ご自身でお願いいたします。

 

目を通したら、閉じるボタンを押します。すると画面に取り引きの内容が表示されます。手順に従って長いレシートを発券します。

 

f:id:misumi-tomo:20190426142105j:plain

 

もう一つ別のやり方があって、Loppiの最初の画面から「各種番号をお持ちの方」をタップ、メルカリの取引画面で「コンビニ用2次元コードを表示する」をタップすると2次元コードと一緒に12桁の受付番号と4桁のパスワードが表示されるのですが、最初に12桁の数字を入力します。

 

f:id:misumi-tomo:20190426142147j:plain

 

番号を打ち込むと「重要なお知らせ」の画面になるので、目を通し、「閉じる」をタップ。その後4桁の数字(認証番号)を打ち込みます。最後に「発行する」ボタンをタップすると、長いレシートが出てきます。

レシートを持ってレジに行くと、ゆうゆうメルカリ便専用の、荷物に貼り付ける透明の袋と、袋の中に入れる伝票を渡されます。その他にも領収書の用紙とレシートを渡されるので、ごちゃごちゃにならないように気をつけましょう。

 

f:id:misumi-tomo:20190426142243j:plain

 

まず伝票を入れる透明の袋を荷物に貼り付けます。それから伝票を中に入れるのですが、1枚の紙が4つに切り離されるようになっています。一番上はただの案内で、その下からA・B・Cの伝票になります。それぞれ切り離して、Aが一番上、次がB、最後にCの順番になるように伝票を重ねて、貼り付けた透明の袋に入れます(店員さんによっては作業を手伝ってくれることもあります)。

 

伝票を入れたら、荷物をレジに預けます。それで手続き完了です。店員さんによっては最後に荷物を預けるときに領収書とレシートを手渡すこともあります。

いずれにしろ、領収書とレシートは重要なので、相手に荷物が届くまできちんと保管しておきましょう。

くり返しになりますが、配送料はメルカリの売上から差し引かれるので、ローソンでお金を支払う必要はありません。

 

 

ゆうゆうメルカリ便発送手続き後、何をすればいいの?

郵便局、もしくはコンビニで発送手続きを終えたら、商品の発送を通知しましょう。

 

f:id:misumi-tomo:20190426142501p:plain

 

ついでに取引画面からも直接相手に「発送しました。商品到着までもうしばらくお待ち下さい」などといったメッセージを送っておくのもいいですね。

買い手はすでにお金を支払っているので、商品がちゃんと届くか不安になっているでしょうから、きちんと伝えてあげることで安心してもらえると思います。

 

f:id:misumi-tomo:20190426142609j:plain

 

買い手に商品が届いたら、通知が来ます。最後に今回の相手との取り引きに対して評価をします。良い・普通・悪いの中から選択し、評価のコメントも一言「ありがとうございました」と入れておくといいでしょう。まめな、もしくは礼儀正しい出品者だと思われれば、また別の商品を出品するときに、買い手になってくれる可能性が高まりますし、評価の部分は他のユーザーも閲覧できるので、感じ良く振る舞っておいたほうが無難です。

メルカリではこの評価が非常に重要です。同じ商品を同じ価格で2人のユーザーが出品している場合、評価がいい人、評価が悪い人では、買い手は評価のいい人を選ぶにちがいありません。

とくに取引中のコメントは完全に一対一で行われるため、失礼のないように気をつけましょう。返信を必要するコメントにはできるだけ早く返信するようにし、もしかなり時間が空いてしまった場合は、「返信遅れて申し訳ございません」と一言添えておくといいでしょう。

あなたがどんなに良い人でも、言葉が足りないだけで悪い印象を与えてしまいかねません。「まずいな」と感じたら、きちんと言葉にして相手に伝えるといいと思います。