TOKUSURU YOMIMONO

毎日楽しく、ストレスフリーな生活を目指しましょう!

【切手・硬貨・レカを買取依頼】CMで見たバイセルを利用 買取金額は?

家に眠っていた記念切手や、ひとつ前の時代の小銭と紙幣、そしてもう使う機会のないテレフォンカードを買取業者に売ることにしました。

どこに売ろうかなと思っていたら、ちょうどテレビCMで坂上忍さんが切手買取のバイセルという会社の宣伝をしていて、ネットでバイセルの公式サイトを調べたら硬貨やテレカも取り扱っていることが分かり、とりあえずフリーダイヤルに電話してみました。

 

切手買取のバイセルを利用

 

 

査定はどんな方法で?

バイセルでは店頭持ち込み、宅配、出張買取の3つの中から査定をしてもらえます。宅配が気楽でいいかなとお願いしたのですが、硬貨を郵送するのは法律的にまずいということで、出張買取を依頼することにしました。

電話をかけたのは午後1時過ぎだったのですが、出張買取専門の方が市内を回ってるらしく、その日の午後5時に伺えますと言われ、お願いすることにしました。

 

買い取ってもらえるのか?

今回買取を依頼したのは以下の品々です。

 

f:id:misumi-tomo:20190425173401p:plain

 

右上:北陸新幹線(長野・金沢)開業82円切手1シート(平成27年)

右下:議会開設100年記念切手、国会内郵便局消印付き(平成2年)2シート

左上:読売巨人軍創立70周年記念80円切手(平成12年)1シート

左下:天皇陛下御在位十年記念80円切手(平成11年)2枚

 

f:id:misumi-tomo:20190425173515j:plain

 

古銭:100円札15枚、500円札1枚、100円玉4枚、500円玉6枚、他外国のコイン

 

f:id:misumi-tomo:20190425173552j:plain

 

テレフォンカード:巨人軍日本シリーズ優勝2000年

 

f:id:misumi-tomo:20190425173624j:plain

 

その他の未使用テレカ

 

実際に査定してもらったところ・・・

以上のものを出張買取に来ていただいた鑑定士さんにお見せしたところ、「すべてそのものの価値以上のものは付けられない」と言われました。

切手は切手として使ったほうがよし、硬貨は銀行に持っていって交換してもらうのがよし、テレカは災害時に公衆電話を使うかもしれないから家族1枚1枚持っていたほうがよし、こんなふうに実際に言われました(アドバイスされたと言ってもいいですね)。買い取ることもできるけど、その場合は額面の値段より低い価格になってしまうそうです。とても誠実な対応だったと思います。

はじめからたいした値は付かないと思っていたので、あまりショックはなかったものの、わざわざ家まで来てもらったのに売るものが何もないのでちょっと恥ずかしくなりました。

来てもらったついでに母のネックレスの鑑定もしてもらったのですが、「家にある貴金属なんでも鑑定しますよ」と前向きな姿勢で対応されたのですが、うちにはとくに何も(母のネックレス以外)鑑定してもらうようなものはなかったので、そのままお帰りいただきました。

 
 

切手買取バイセルを利用してみた感想

 切手などの鑑定はひとつひとつ価値の説明をしてくれて、こちらとしてはとても勉強になりました。どういうものに価値があって、どういうものに価値がないのか、少し詳しくなりました。

バイセルは坂上忍さん出演のテレビCMをやってるくらい大手なので、最初から信頼していましたが、実際に来てもらってその印象は変わりませんでした。

今後何か価値のあるものが出てきたら、そのときはまたお願いしようと思いました。査定とか鑑定とか、なんだか手間がかかりそうだなと思いこんでいましたが、出張買取で家に来てもらうのは思っていたよりラクでした。玄関先でオーケーということで部屋の掃除をする必要もありませんでした。

フリーダイヤルにかけたときの、コールセンターの対応も丁寧だったし、家に来た鑑定士さんの対応もとてもよかったです。分からないことがあったら何でも聞いてくださいね、と何度も言われたような気がします。鑑定士さんが帰った1時間くらいあと、アフターフォローみたいな感じでコールセンターから電話があり、「どうでしたか」ということを聞かれたのですが、「内容に満足しています」と答えておきました。

※着物や貴金属や骨董品などの買取も行っているので、家に眠らせているものがあったらぜひバイセルを利用してみて下さい。

 

公式サイト:【365日・24時間受付中】切手の買取ならバイセル