TOKUSURU YOMIMONO

毎日楽しく、ストレスフリーな生活を目指しましょう!

私が私にもどる味 ゴディバ

f:id:misumi-tomo:20190427190222j:plain

 

ローソンのUCHI Cafe×ゴディバシリーズよりベイクドショコラストロベリーが登場。

さっそく買ってみましたので、レビューを書きたいと思います。

今回はちょっと文学チックに書こうと思います。ゴディバですから。

 

ローソンの気軽さとゴディバの高級感があいまって

私は今毎日ブログを書く生活を送っています。救急車で運ばれるほどの大きなパニック発作を起こして10ヶ月。今なお一人での外出は困難。ほとんど自宅にいます。

明るいか、暗いか、と聞かれたら、暗い生活です。逃れようのない暗さ、慎み深い暗さ、底の知れない暗さ、ただただ静かな暗さがそこには漂っています。

そんな生活に嫌気がさして、ふらっと、ほんとに軽い気持ちでふらっと一人で外に出てみました。

ふらっと出てから、外に出た目的を探しはじめることになりました。

「ゴディバが食べたい。あの子やあの人がブログで紹介していたローソンの・・・。ローソンなら行ける距離だ。きっと。途中で座って休憩できる場所も熟知している。どの道を通ればできるだけ人目を避けられるか把握しきっている」

 

f:id:misumi-tomo:20190427191507j:plain

 

道を歩いていて、何度か自宅に引き返そうか悩みました。もし外で発作を起こしたら家族に迷惑をかけてしまう。でも、変化がほしい。一人で道を歩きたい。一人で街の空気に触れたい。一人で好きなものを買いたい。贅沢な願いだったでしょうか。

駅前で一瞬自分が誰だか分からなくなるようなめまいがしたものの、すぐにローソンの、あの呆然とした水色の看板が見えてきて安堵。

あとはレジが混んでなければ。どうか誰も並んでないで。どうか私に「待つ」という恐怖を与えないで。どうか私に先を譲って。できれば生きるすべての優先権を私に譲って。一瞬でいいから。阻害され、阻害され、阻害されて、やっとの思いでローソンにたどり着いた気分でした。レジでの会計は、もうイヤというほど付き合わされている胸のバクバクとの格闘。

でも、私は打ち勝った。勝っちゃった。なんかいけないことした気分。好きだって言ってくれた人に、わざとひねくれて「あんたなんか大嫌い。あっち行って」と言ってしまったような。

 

f:id:misumi-tomo:20190427193149j:plain

 

ゴディバ・ベイクドショコラストロベリー。パリっとチョコレートでコーティングされた中に、しっとり濃厚なショコラが隠されています。ショコラの上の部分に甘いソースが入っていて、ショコラの苦さを甘さで包み込んでくれます。

うん、おいしい。そのおいしさは、私が私自身にこのゴディバのショコラを用意することができたことが誇らしく思えるほど。

うん、この味。外で働けなくなって、貯金を切り崩しながら生活し、好きなものが好きなだけ買えなくなった、どうしようもなく満たされない今の私を、一瞬「それでもいいじゃないか。それも私。どうしようもないとしても、やっぱり私は私」と納得させるような味わい。それは幸福とはちょっとちがうけど、でも前向きな気持ち。ゴディバが教えてくれた私が私にもどる味。

ゴディバ・ベイクドショコラストロベリーを食べながら、もやもやしていた気持ちが晴れ、私の胸は少しだけ前に開かれている。そんなふうに感じました。

 

 

※おうちにいながらゴディバを買うこともできるようになりましたね。

公式オンラインショップ:ゴディバ