TOKUSURU YOMIMONO

毎日楽しく、ストレスフリーな生活を目指しましょう!

【花粉症対策】アレグラFXのジェネリック医薬品アレルビはコスパよし 

f:id:misumi-tomo:20190420175904j:plain

 

今年も花粉症の時期がやってきた!

 アレグラFXからアレルビに

花粉が飛び回る時期になると、くしゃみ・鼻水がとまらなくなります。おまけに常に鼻が詰まった状態に。何かしようにも集中できなくなり、判断力もにぶった感じになってしまいます。

嵐・大野智さんのCMを見てから、花粉症の薬としてアレグラFXを服用するようになりました。3年前からです。

今年(2019年)からはアレグラFXと同じ有効成分が配合されたアレルビという花粉症対策の薬を服用するようになりました(添加物にちがいがあるので、すべて同じ成分というわけではありません)。

 

アレグラFXとアレルビの有効成分・添加物を比較

アレグラFXとアレルビの有効成分はともにフェキソフェナジン塩酸塩で、100カ国以上で販売されているアレルギー性疾患治療剤です。

フェキソフェナジン塩酸塩は、日本では2000年から医療医薬品として発売されました。そして2012年より市販薬としても発売されるようになりました。

 
アレグラFXの添加物

f:id:misumi-tomo:20190420180243p:plain

アレルビの添加物

f:id:misumi-tomo:20190420180314p:plain

いずれも成人(15才以上)1回1錠、1日2回(朝と夕)の服用で、花粉やハウスダストによるくしゃみ、鼻水、鼻詰まりに効果があるとされています。

※効き目には個人差があります。

 

アレグラFXとペアコールを服用していた頃

f:id:misumi-tomo:20190420180451j:plain

 

写真は去年の残った分の薬です。アレグラFXは値段が高いので、人と会わない日、外に出ない日はそれよりも値段の安いペアコール鼻炎カプセルLG(画像:水色と白のカプセル)を飲んでいました。

ペアコール鼻炎カプセルLGは飲みはじめてすぐにくしゃみと鼻水をシャットアウトしてくれるので、アレグラFXを知る前はメインで5年くらい前から飲んでいました。

しかしペアコール鼻炎カプセルLCは、服用するとのどや口が渇く感じがします。

なので、アレグラFXをはじめて服用したときはこれはいいなと感じました。花粉症対策用の薬なのにぜんぜんのどや口が渇かない。しかも眠くなりにくい。

だけどアレグラFXは値段が高い。

 

アレルビはアレグラFXの代わりになるか?

今年になってともに花粉症で苦しんでいる友人から、「アレルビという薬が出たよ。アレグラFXの代わりになってしかも安いんだよ」と教えてもらいました。

自分でも調べたところ、アレグラFXに含まれる、くしゃみや鼻水といったアレルギー症状を抑えるフェキソフェナジン塩酸塩という成分が、アレルビにも含まれていることが分かりました。

含まれるというより、アレグラFXとアレルビはほぼ同一成分でできていると言ってもいいでしょう(先ほど紹介した通り添加物にちがいがあります)。

アレルビはアレグラFXのジェネリック医薬品だからです。

 

f:id:misumi-tomo:20190420180800j:plain

 

ジェネリック医薬品って、よく病院に行って薬を処方してもらうときに、薬局で「ジェネリックもありますが、どうしますか」と聞かれるやつですね。

ジェネリック医薬品は新薬の特許が切れたときに、後発で製造、販売される薬のことで、新薬と添加物が違ったり、薬そのものの形状が違ったりします。

私は医者にかかるときはいつもジェネリック医薬品を利用しています。

なので、アレグラFXという自分にピッタリの薬のジェネリック医薬品としてアレルビが市場に出回ることになってとてもうれしいです。

アレグラFXとほぼ同等の効果の薬が安い価格で手に入るからです。

 

【第2類医薬品】アレルビ 56錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

【第2類医薬品】アレルビ 56錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

 

 

アレグラFXとアレルビの値段を比較するためにこちらも貼っておきます。

※比較のポイントは錠数です。両者とも1日2回服用。

 

 

【第2類医薬品】アレグラFX 28錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

【第2類医薬品】アレグラFX 28錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

 

 

私の場合、毎年だいたい2月中旬から5月中旬の3ヶ月間、薬を1日2回服用するので、単純に計算して30日×3ヶ月×1日2錠で、180錠ほど必要です。

この180錠をアレルビだけを服用した場合、Amazonだと4000円弱ですが、アレグラFXは1万円を上回ってしまいます。

この価格は大きな違いと言えるんじゃないでしょうか。

一家みな花粉症というご家庭で(我が家がそうです。父母兄弟も花粉症です)考えると、アレルビにしたほうがだいぶ節約になりますね。

もちろんジェネリック医薬品に抵抗があるという方もいらっしゃると思うので、そういう方は無理してアレルビを試さなくてもいいと思います。

ただジェネリック医薬品は、厚生労働大臣がその効き目や安全性が新薬と同等であると認めているものです。

とにかく安いからアレルビを服用するのではなく、国に認められているものだから服用する、と自分では判断しているし、家族にも勧めています。

 

アレグラFXとアレルビはともに第2医薬品です。Amazon.co.jpが販売しているものを購入する場合、Amazon.co.jpの薬剤師・登録販売員に電話で相談することができます。

受付時間は9時~18時となっています。

また、Amazonに出品して販売されているものに関しては、出品者の薬剤師・登録販売員に連絡することができます。

楽天で購入する場合は、各店の「商品についての問い合わせ」ボタンから相談できるようになっています。

 

実際にアレルビ服用してどうなの?

f:id:misumi-tomo:20190420181355j:plain

 

個人差はあると思いますが、私の場合、アレルビを服用して、アレグラFXを服用しているときと同じ感覚でくしゃみや鼻水を抑えることができています。

朝と夕方に飲むことで24時間花粉症の症状を和らげられています。

けれど私の場合、薬を毎日しっかり服用していても、お風呂から上がって1時間くらいは、くしゃみや鼻水が出てしまいます。アレグラFXを服用していたときと同じです。

また天気予報などで、花粉が非常に多い日とされる日は、アレルビを服用してちゃんとマスクをしていても、くしゃみや鼻水が出ることもあります。ただ、それらの症状がとまらなくてどうしようもないという状態は免れています。

人によっては副作用が出ることもあるので、購入する前に確認しておきましょう。

 

f:id:misumi-tomo:20190420181525j:plain

 

アレルビのおかげで花粉症の症状が緩和されていると常々感じています。

ただ、アレルビだけでは、目のかゆみは抑えることができないので、エージーアイズのアレルカットM(モイストタイプ)という目薬も使用しています。

 

f:id:misumi-tomo:20190420181624j:plain

 

アレルカットMは「クロモグリク酸ナトリウム」という抗アレルギー剤をはじめ、目のかゆみを抑える「クロルフェニラミンマイレン酸塩」、目の炎症をしずめる「グリチルリチン酸二カリウム」、角膜表面をいたわる「コンドロイチン硫酸エステルナトリウム」の4つの有効成分が配合されています。

花粉によって悪化した目の症状を改善し、同時に目のうるおいを保つことで、かゆみと炎症を抑えてくれます。

※こちらも効き目には個人差があります。

使用方法は1回1~2滴、1日4~6回点眼します。

使った感じ、とろみがあっていいです。このとろみで目を優しくバリアーされている感じがします。つけ心地がとてもいいです。

 

 

【第2類医薬品】エージーアイズアレルカットM 13mL ※セルフメディケーション税制対象商品

【第2類医薬品】エージーアイズアレルカットM 13mL ※セルフメディケーション税制対象商品

 

 

花粉症は薬以外でどうにかならないのか?

「花粉症の症状を抑えるのに乳酸菌が有効なのでは?」とテレビやネットで話題なっているの知って、昨年の11月頃から積極的に乳酸菌を摂取してきました。

 

 
 
 
 
最近ではヨーグルトメーカーで自家製ヨーグルトを作って毎日乳酸菌をより多く摂取するようにしていますが、「効いている」とはっきりとは今のところ言えません。
私の弟は花粉症シーズン家族で唯一薬に頼らず耐えています。
弟は【乳酸菌関連記事】の3つ目の「80億アシドフィルス菌&ビフィズス菌」を1年を通して毎日飲んでいます。
それでもやはりくしゃみ・鼻水は出るようで、本当に「耐えている」という感じに私には見えます。
 

f:id:misumi-tomo:20190420182237j:plain

乳酸菌にも色々種類があって、どの乳酸菌が花粉症、そして自分自身の体にピッタリなのかはまだ模索中です。
ただ症状が一番ひどいときに比べれば少しましになっている、といった程度です。
何年も続けて乳酸菌を摂取することで、体質が変化して免疫力がつき、花粉症緩和につながると信じて、これからも乳酸菌のサプリメントやヨーグルトを続けていくつもりです。
 
【花粉症関連記事】

※花粉が気になって布団が外に干せない、でも干したいという方におすすめです。